0

画面を触れる不思議なプロジェクター「Xperia Touch」

2017年2月28日 12時45分 (2017年2月28日 22時00分 更新)


むむ、これは…?

プロジェクターといえばスクリーンにイメージを投影し、操作は手元のマウスでするもの。プレゼンテーションなどでもおなじみですね。しかしソニーモバイルが新たに発表したプロジェクター「Xperia Touch」は、なんと投影した画面をタッチ操作することができるんです。んん、どういうこと?


動画を見る


Xperia Touchは小型プロジェクターで、離れた壁だけでなく真下のテーブルや真上の壁にも映像を投影することができます。投影できるスクリーンは23~80インチ。まるで机がディスプレイになるような投影は、かなり新鮮な感覚です。

Android OSを内蔵したことで、Google Playのアプリケーションが利用可能。また、Skype経由でビデオチャットを楽しんだり、動画を見たりゲームをプレイすることもできます。さらにPlayStation 4のリモートプレイにも対応です。



そして本体にはプロジェクターだけでなく、赤外線センサーを搭載。これにより手の動きを読み取って最大10点のマルチタッチが可能。スワイプ操作も可能なので、たとえば机にレシピを投影してスクロール…といった使い方ができるんです。

また人が接近したことを感知して、壁に時計やメッセージを表示することも可能。これまでのプロジェクターの使い方が大きく変わりそうです。

Xperia Touchは今春以降に、世界市場に投入される予定。個人的にプロジェクターがほしいと思ったことはなかったのですが、Xperia Touchはちょっと試してみたいと思いましたよ!


世界初、ZTEが「5G」対応スマホをデモ展示。光回線クラスの最大1Gbps通信


image: ソニーモバイル
source: ソニーモバイル 1, 2

塚本直樹

■ あわせて読みたい・気泡の中に繊維を練り込む。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!