3

セキュリティよし。忘れないリスク減。「読唇術」を用いたパスワード認証っていいかも

2017年3月20日 20時04分 (2017年3月21日 18時20分 更新)


セキュリティのためには複雑に、忘れないためにはシンプルに…そんな無茶なパスワードをつくる時代も、じきに終わるかしら。

最も有効なソリューションとは言いづらいものの、最も一般的なセキュリティ方式といえば、パスワード。本来、パソコンやデータの保護を目的としたものですが、自分のパスワードは絶対に突破されないという自信の持ち主はどれほどいるでしょうか?

さらに近年では、ユーザーの指紋から耳のかたちまで、あらゆる形式の生体認証システムがより効果的なメソッドとして研究されているほか、実際に採用される話というも珍しくなくなってきています。

ところが、多くのスマホユーザーに身近な指紋認証は、わたしたちが想定しているよりもこの通り簡単に突破できるものだと判明したり、比較的新しいと考えられているセキュリティシステムでも脆弱性はツキモノだったりします。

そこで、香港浸会大学コンピュータサイエンス学部教授のCheung Yiu-mingさんをはじめとする科学者たちが注目したのが、読唇術を使った認証システム。このほどNew Atlasが取り上げました。

この技術は、唇のかたち・質感・動きなどの特徴をカメラで捉えて認証するシステム。ですが、なぜ唇なのでしょう?

似た技術の声紋認証は、周囲の雑音に影響されたり、特定の言語に縛られたりしてうまく認証されない...なんてこともしばしばありました。対して読唇術は、ユーザーの唇の特徴を識別できるようコンピュータに学習させることで、雑音の影響や話す言語の縛りがほとんどないのです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 3

  • oscar 通報

    カメラ、マイク、画面、その様なものは全て後から、脆弱が露出する。専門家がもっとスキルアップして、脳ミソ柔らかくして考えよう。一方方向からしか物事が見えなくなってる。

    0
  • oscar 通報

    昨今で安全と思われるのは、自動認証、しかしPCで共通する安全な方法は車のキーのように各自で所持するNFCで全てのサイトで共用出来るランダムキーが一番では?

    0
  • oscar 通報

    非接触は通用しない、しかし接触型でも同じ物ではコピーされる。キーの内部に本人確認が可能になったものを装備し、コードがランダムで搬出されれば、なかなか破れないと思う。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!