0

ネット上に多数存在する自称精子バンク

2017年3月28日 15時11分 (2017年3月31日 08時00分 更新)
あるAnonymous Coward 曰く、

ネット上で勝手に「精子バンク」を自称するサイトがネット上には多数存在するという。男性が精液を「提供」し、女性はそれを注射筒などで注入したり、場合によっては性交渉も行うケースもあるという(朝日新聞)。

医療機関で学会などで定められたルールの下、人工授精による精子提供を行うケースもあるが、こういったサービスを提供している施設は数が少なく、無精子症などで子供ができない夫婦に利用が限定されるなど、ハードルが高い。そのため、独身女性や女性同士のカップルなどでルールに縛られない「自称精子バンク」の利用を希望する人もいるようだ。

ただ、海外では精子バンクの利用者が、本来説明されていたのとは異なる経歴の人物の精子が提供されたとして精子バンクを訴える事件も起きており(CNN.co.jp)、こういった「怪しい」精子バンクの利用にはリスクもありそうである。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | 医療

関連ストーリー:
「世界のため」に代理出産で多数の子を設けていた24歳の日本人男性 2014年08月15日
自身の出生に関する情報を知ることはできるのか 2014年03月27日
精子バンクが製造物責任法により訴えられる 2009年04月09日

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!