0

イタリアの裁判所、業務で長時間携帯電話を使用したことが脳腫瘍の原因になったと判断

2017年4月23日 09時49分 (2017年4月26日 11時00分 更新)
イタリア・イブレアの裁判所が、テレコム・イタリアに勤める原告の脳腫瘍の原因は、業務で長年にわたり携帯電話を長時間使用したためだとの判断を示したそうだ(Il Secolo XIXの記事Repubblicaの記事The Guardianの記事VentureBeatの記事)。

原告のRoberto Romeo氏は修理担当チームの責任者で、15年にわたり職場・自宅を問わず、毎日3時間以上携帯電話を使用して技術者と通話していたという。このような業務を続けるうち、Romeo氏は右耳が詰まったような感覚に悩まされるようになり、2010年には脳腫瘍の診断を受ける。

幸い腫瘍は良性だったが、聴神経を摘出したため右耳の聴力は失われた。これによりRomeo氏の身体機能は23%が損なわれたと医療専門家が診断しており、判事は月500ユーロの労災支給金を支払うよう国の労災保険機関(INAIL)に命じたとのこと。ただし、上級審で判断が覆る可能性もある。

原告の弁護人は、不適切な携帯電話の使用が脳腫瘍の原因になることを裁判所が認めた世界初の判例だと述べているが、イタリア最高裁では2012年にも同様の判断を示している。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | モバイルセクション | モバイル | 法廷 | EU | 医療 | 携帯電話

関連ストーリー:
携帯電話が人体に悪影響を与えることは確認できないという調査結果と、電磁波がラットに悪影響を与えるという調査結果 2016年05月31日
複数のマルチメディア端末の同時使用は脳の灰白質に悪影響を及ぼす? 2014年09月29日
米調査、半数近い成人が医学に関する陰謀論を少なくとも1つは信じている 2014年03月22日
サンフランシスコ、携帯電話の「電磁波強度表示条例」を破棄 2013年05月14日
イタリアの最高裁、「携帯電話の使用が原因で脳腫瘍ができた」として労災を認定 2012年10月19日
携帯電話が発がん分類「グループ2B」に 2011年06月01日
携帯電話の電磁波は脳細胞の活動に影響を与える 2011年02月26日
米でも携帯電話に「脳腫瘍のリスク」表記を義務付ける法案協議へ 2009年12月24日
携帯電話は脳腫瘍の原因か? 米国議会公聴会で科学者が証言 2009年09月28日
携帯電波による睡眠を促すホルモン合成への影響はない 2005年12月15日

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!