0

日本の代表的なIT企業、8割が働き方改革へ行動が必要と認識、景況感は大幅改善──JCSSA調査

2017年6月21日 17時30分 (2017年6月29日 04時03分 更新)
 日本コンピュータシステム販売店協会(JCSSA)は6月19日、「第7回JCSSA景気動向調査」の結果を発表した。日本を代表するIT業界の会員企業各社の景況感(DI)は、前回調査に比べ軒並み好転。2016年11月実施の前回比で40ポイント前後上昇し、大幅な景況感の改善が見られた。「景況感の現状判断DI」は54.4と前回比プラス46.3ポイントと大幅に上昇。「半年間の見通しDI」も39.1ポイントプラスの48.0とそれぞれ大きく改善した。

 また、賃上げや賞与といった労務費投資や新卒と中途の人材投資、さらに次期設備投資への意欲も旺盛。特に採用DIでは、新卒が36.0、中途が43.2といずれも過去最高を記録した。AIIoTなど、大きな市場を創造するチャンスが生まれつつある今、積極的かつ多面的な投資で、新たなチャンスを掴もうとする企業姿勢が読み取れる。
 調査ではあわせて「働き方改革」に関する会員企業の意見を聞いた。3月に政府が発表した「働き方改革実行計画」の認知については、88.0%と極めて高く、「聞いたことはない」と答えた会員はゼロだった。さらに、83.8%が働き方改革の実施または調査検討が必要と回答。何らかの具体的行動を起こす必要があると答えた。
 働き方改革のどの項目を実施したいか、との問いには「IT機器などを駆使した労働生産性の向上」が最も高く64.9%。次に「労働時間の短縮」が62.3%と高かった。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!