0

【体験レポ】VRゴーグルをつけるとミニプールが川下りに『汐パラ探検クルーズ』

2017年8月25日 19時00分 (2017年8月27日 11時50分 更新)

川下りは夏にぴったりのレジャーですが、川に行かないとできません。今回は、VRゴーグルを使い、都心の高層ビル群の中のミニプールで川下りを疑似体験できるVR体験があるとのこと。日テレの夏のイベントに出展されている『汐パラ探検クルーズ』を体験してきました。


2017年7月22日から8月27日まで汐留・日本テレビタワーでは、日本テレビ放送網株式会社(以下日テレ)による夏のイベント「超汐留パラダイス-2017 SUMMER-」が開催中です。

夏休みで親子連れも多く、子どもが体験できるコーナーも多数あります。その1つがテントオン下にあるミニプールで体験できる『汐パラ探検クルーズ』です。

親子で渓流下りを楽しめる『汐パラ探検クルーズ』


『汐パラ探検クルーズ』は、実際に水を張ったミニプールに浮いている、「Poolno」というプール専用エクササイズボードの上に乗り、パドルを漕ぎながら渓流下りの360度映像を見る体験です。

「Poolno」は2人まで乗れ、使っているヘッドマウントディスプレイも単眼仕様のため親子で一緒に体験できます。

体験を始める前には、ライフジャケットを着用し、裸足になってボードの上へ。実際に水の上に浮いているので紐で固定されていても、ゆらゆらと揺れています。ボードに乗るとスタッフが、プールの外からパドルとヘルメット付きヘッドマウントディスプレイを渡してくれます。

[wc_row][wc_column size="one-half" position="first"]


[/wc_column][wc_column size="one-half" position="last"]

[/wc_column][/wc_row]

揺れるボードの上から手を伸ばしてヘルメット受け取って被り、パドルを握って準備完了です。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!