0

G-SHOCK、異素材ベゼル「G-STEEL」に初のアナログクロノグラフ

2017年9月6日 10時46分 (2017年9月7日 00時30分 更新)
カシオ計算機は9月6日、耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」の新製品として、金属や樹脂など異なる素材を組み合わせたベゼルを特徴とする「G-STEEL」シリーズの新たなモデル「GST-B100」を発表した。9月15日から発売し、税別価格は50,000円~85,000円となる。

2017年8月に世界累計出荷が1億個を突破したG-SHOCKだが、G-STEELシリーズはメタル素材の質感と樹脂素材の優しさをミックスした独特の雰囲気を持つ。フルメタルのMTGシリーズと並んで高い人気がある。

今回のGST-B100シリーズは、大型のディスク針を採用したアナログクロノグラフ。意外なようだが、G-STEELでは初のアナログクロノグラフとなる。9時位置のディスク針は、ジェット機のエンジンが備える重厚なブレードをモチーフとしており、針の回転と色の変化によって、ストップウオッチ、アラームのオンオフ、バッテリーレベルなどを示す。

ラインナップと税別価格は、ステンレススチールベゼルと樹脂バンドのGST-B100-1Aが50,000円、ベゼルとベルトがステンレススチールのGST-B100D-1Aが55,000円、カーボンベゼルと樹脂バンドのGST-B100X-1Aが85,000円。GST-B100X-1Aのみ、風防はサファイアガラスだ。

新たな構造も導入した。異なる素材を用いた2層ベゼルによって、衝撃を吸収するレイヤーガード構造をリニューアル。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!