0

セルラー版Apple Watch通信費比較。ドコモは月500円、au・ソフバンは350円(※期間限定でタダ)

2017年9月13日 11時00分 (2017年9月14日 14時46分 更新)
アップルは日本時間9月13日未明に「Apple Watch Series 3」を発表。LTEに対応し、単体で音声通話やデータ通信が可能なセルラーモデルも登場しました。

日本では9月15日16時1分に予約開始、9月22日に発売予定。これを受け、国内携帯3社は相次いでApple Watch Series 3向けの通信プランを発表しています。

NTTドコモは、ドコモのスマホユーザー向けに、月額500円(税別、以下同)でセルラー版Apple Watchが利用できる「ワンナンバーサービス」を発表。これは、スマホの電話番号や通話・データプランを、Apple Watchで共用できるというもの。2018年3月31日までに申し込めば、約半年間(180日間)は月額料金不要で利用できます。

auも、auのスマホユーザー向けに月額350円でセルラー版Apple Watchが使える「ナンバーシェア」を発表。こちらもドコモのワンナンバーと同様に、スマホの電話番号や通話・データプランをApple Watchで共用できるという内容。なお、12月31日までに申し込めば、約半年間は月額料金不要で利用できます。

ソフトバンクも、月額350円でセルラー版Apple Watchが使えるプランを発表。詳細は発表されていないものの、ドコモやauと同等のサービス内容となる可能性が濃厚。また、期間限定で同オプションが無料になるキャンペーンを提供するとしています。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!