0

Galaxy Note 8 詳細レビュー Sペンの使い勝手、デュアルカメラ、Gear VR対応をチェック

2017年9月19日 08時30分
前回、開封レビューをお届けしたGalaxy Note 8ですが、今回はもう少しその中身についてレビューしたいと思います。

Galaxy Note 8 開封レビュー。丸みの少ない大画面はGalaxy S8 / S8+よりも大人な印象

Galaxy Note 8発表まとめ:仕様詳報からiPhone 7 Plusとの比較、Gear VRまでを連載陣とともに紹介

Noteシリーズ最大の特徴、SペンまずはGalaxy NoteをNoteたらしめているとも言えるSペンです。

サイズは通常のペンよりもやや短く、全長11cmほど。スマートフォン本体に収める制約上、これ以上のサイズは難しいと思いますが、「ペン」として見るとやや短く細く、ホールド感はいまひとつ。

ただし、決して使い難いわけではなく、通常のペンと違い筆圧をかけなくてもサラサラと書けるので、メモ書きの道具としては十分使いやすいと思います。

▲奥のペンはWIZ PEN JACKET。長さは13.5cmほど。

本体からSペンを抜くとエアコマンドが起動。これは画面上でSペンについてる「Sペンボタン」を押しても表示されます。

エアコマンド自体は、直接メモを起動したり、画面をキャプチャし、そこにメモ書きを行うなどSペンを利用する際に便利なショートカット集です。ここに表示する機能やアプリは自分好みに編集が可能です。

▲メニューには通常アプリのショートカットも配置可能

Sペンは書くだけではなく、ペン先部分の拡大表示が可能。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!