7

ドンキ激安4Kテレビの第2弾が登場、メインボード提供会社は“非公表”

2017年9月27日 12時03分 (2017年10月2日 12時54分 更新)

ドン・キホーテの4K対応テレビ第2弾「50V型ULTRAHD TV 4K液晶テレビ(LE-5060TS4K)」

[拡大写真]

 今年6月15日に税別で6万円を切る激安価格で発売され、瞬く間に完売したドン・キホーテの4K対応テレビ「ULTRAHD TV 4K液晶テレビ(LE-5050TS4K-BK)」。その第2弾となる「50V型ULTRAHD TV 4K液晶テレビ(LE-5060TS4K)」が、早くも登場。10月3日から全国のドン・キホーテで順次発売する。

 「LE-5060TS4K」は、前モデルと同サイズの50V型で、価格も据え置きの税別5万4800円。きょう体は基本的に前モデルを踏襲するが、画面の最大輝度は300cd/㎡から350cd/㎡に改良されている。
 前モデルは、東芝製メインボードを採用したことで、一部のユーザーから“ジェネリックレグザ”と称され、あまりの反響に東芝側が「同製品の開発・製造には関与していない」とコメントする異例の事態に発展した。今回はそうした経緯を踏まえてか、メインボードの提供メーカーは“非公表”となっている。
 生産台数についても非公表だが、ドン・キホーテは「多くのお客様に購入していただけるよう、前回より供給数を増やして販売していく」とコメントしている。(BCN・大蔵 大輔)
【関連記事】
激安価格の裏側は? ドンキ4Kテレビの仕掛け人を直撃
ドンキ4Kテレビが予約再開、追加分で生産終了
ついに6万円切り、ドンキが格安4Kテレビを発表
店頭で目立つハイセンスの8万円を切る4Kテレビ
液晶テレビの買い替え時は? 40型以上が4割超、大画面の有機ELも加わる

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 7

  • 匿名さん 通報

    大手家電メーカーは指を咥えて見ているだけ?海外メーカーはこの市場向けに製品を取入するのは明らかだ。シェアを全部取られてから気付くと言ういつものパターン。スマホの二の舞。

    7
  • 匿名さん 通報

    デフレすぎぃ

    3
  • 匿名さん 通報

    あぁこりゃアカンわ、格差社会を押し広げたせいで大多数の庶民には余裕がない、そんな状況では割高な日系メーカーのシェアが狭まるのは当然、どうやら本格的に終わりが見えてきたようだ

    3
  • 匿名さん 通報

    ネオコンの安倍政権による愚鈍な経済政策で格差が広がったから、高額商品は庶民はなかなか買えなくなって今の事態を招いたと。こんなでデフレを脱却できるわけないし、するべきでもない。

    3
  • . 通報

    わ~~おっ♪

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!