0

AIが調理準備の手伝いやメニューを提案、シャープの水なし自動調理鍋

2017年10月2日 12時24分

水なし自動調理鍋「KN-HW24C」

[拡大写真]

 シャープは、音声で案内する独自のAIoTクラウドサービス「COCORO KITCHEN」に対応した水なし自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック KN-HW24C」を10月26日に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は7万5000円前後の見込み。

 無線LAN機能を新たに搭載し、AIが必要な食材や調味料から、下準備の手順までを本体画面に表示する。
 「COCORO KITCHEN」は、住んでいる地域や出身地、好きな旅行先や味の嗜好、好みの食材を使った新しいメニューなど、それぞれの生活に合ったメニューを提案する。また、季節の食材を使ったメニューやイベントに合わせたメニュー、話題のメニューなど、時節や旬な情報を元にしたメニューの提案や、健康を気遣ったメニューの提案を行う。
 食材と調味料をセットするだけで料理ができあがる、自動調理メニューは130種類。さらに、「COCORO KITCHEN」に接続すると、新たなメニューをダウンロードして追加できる。カテゴリ別や食材別など、検索機能も充実している。
 操作画面は、従来機種「KN-HT24B」と比較して約1.4倍に大型化。従来は番号で表示していたメニューを文字表示に変更し、表示内容をわかりやすくした。また、新たに内鍋の汚れを落としやすくする自動の「お手入れ」メニューを搭載し、手入れしやすくした。
 「無水調理」は、通常の鍋による調理と比較して、大根のビタミンCを約1.7倍、ほうれん草の葉酸を約2.2倍多く残すことができる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!