0

Google アシスタント搭載スピーカー「Google Home」6日から国内発売

2017年10月5日 12時02分 (2017年10月5日 18時00分 更新)
Googleは5日、Google アシスタント対応の「Google Home」「Google Home Mini」を国内発表した。円筒形のGoogle Homeは6日から発売し、価格は税別14,000円。小型サイズのGoogle Home Miniは6日から予約、23日から発売し、価格は税別6,000円。Google Store、auショップ、ビックカメラ、ヤマダ電機、楽天で取り扱う。

天気情報やニュースの再生、カレンダーのスケジュール登録など、「OK Google」の声掛けで音声操作が行えるスマートスピーカー。Google HomeとGoogle Home Miniの機能はほぼ同等で、サイズと値段の違いが主となる。

動画や音楽再生に関しては、Google Play MusicやYouTubeなど同社サービスのほか、SpotifyやNetflix、ラジコ(年内提供)、うたパス・ビデオパス(11月下旬以降)との連携も予定されている。NetflixやYouTubeは映像配信サービスだが、Google Chromeと組み合わせることで、音声操作によりテレビで再生することができる。

このほか、Google以外のサービスも音声操作できるAPI「Actions on Google」も提供する。APIとサービスが連携すると、例えば「楽天レシピと話したい」と声を掛ければ楽天レシピによる料理レシピを音声で呼び出せる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!