0

Sphero社から帝国のドロイド「黒いR2」ことR2-Q5のロボット・トイが登場

2017年10月5日 21時00分 (2017年10月6日 22時28分 更新)
Image: © & TM Lucasfilm Ltd.

R2-D2に続いて帝国のダークなR2もやってきた!

R2-D2を黒塗りにしたような帝国のドロイド「R2-Q5」。その容姿は人気があり、これまでにも何度もフィギュア化されているこのドロイドが、なんとSphero(スフィロ)社からインタラクティブなロボットおもちゃとして登場しました。「R2-Q5 App-Enabled Droid by Sphero 」(R2-Q5 アップイネーブルド ドロイド)です。

このR2-Q5ですが、実は旧作のコアなファンには知られた存在。『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』で第二デス・スターの中に登場する帝国軍のアストロメク・ドロイドで、宇宙船の整備の役割を担うだけでなく、帝国のスパイとしての機能も備えています。

Image: © & TM Lucasfilm Ltd.

Sphero社はR2-D2の動きと音を映画そのままに再現した「R2-D2 アップイネーブルド ドロイド」を先月発売開始したばかり。同時に『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に登場したBB-8のロボット・トイにも新アクセサリの付属するリニューアル版と、「BB-8の悪者版」的な見た目の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に登場するファースト・オーダー側のドロイドBB-9Eも発売しています。

黒い筐体が格好良いR2-Q5は、R2-D2のトイと同じくiOSとAndroid用のアプリを通じて操作が可能。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!