0

Autodesk、DELL、NVIDIA 各社のVRへの取り組みとは?合同セッションレポ

2017年10月5日 11時00分 (2017年10月5日 18時50分 更新)

9月21日~22日に「AU JAPAN 2017 The Future of Making Things ―創造の未来」と題して、Autodesk主催の様々なセッションが行われました。セッションにはVRをテーマとしたものも複数存在。本レポートではAutodesk、DELL、NVIDIAの3社による合同セッションを取り上げます。

登壇者は写真左端から、Autodesk・メディア&エンターテイメントソフトウェアデベロッパーの梅沢孝司氏。NVIDIA・Quadroのグラフィックス担当の田中秀明氏。DELL・クライアントソリューション統括本部技術担当の馬場勇輔氏。そして司会のDELL・担当技術営業部長の中島章氏です。下記にてパネルディスカッションの様子をお伝えします。

Autodesk、DELL、NVIDIA。各社のVRへの取り組み

Autodesk、DELL、NVIDIA。各社のVRへの取り組み

中島章氏(以下、中島):このショートセッションではフランクにパネルディスカッション方式で、「高解像度」および「VR」」という切り口からお話を聞いていこうと考えております。それでは馬場さん、DELLの紹介を軽くお願いします。


馬場勇輔氏(以下、馬場):今年で20周年を迎えるDELLは、記念として10月3日発売予定のタワー型とラック型を用意しております。最新のCPU、GPUを搭載することが可能です。
 
中島:実際にモノを見るための仕組みを、紹介していただけますでしょうか。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!