0

VRのビジネス活用事例集 HTCディレクター・デイビッド氏講演レポ

2017年10月5日 12時00分 (2017年10月5日 20時50分 更新)

9/21(木)-22(金)、東京・お台場においてAutodesk主催の「Autodesk University Japan 2017」が行われました。VRなどのテーマを含む様々なセッションの中から、本レポートではVRデバイス「HTC Vive」の展開などを行うHTC社による、産業界におけるVR活用の事例紹介を取り上げます。


登壇したのは台湾から来日したHTC開発・パートナーシップ統括ディレクターのデイビッド・CM・チャン氏。「HTC VIVEはPCベースのVRデバイスです。VIVEはゲームやエンターテインメントだけのものでもありません。産業に近い事例もたくさん出ています」と、チャン氏はVIVEについて話をはじめます。

VIVEの性能概要


まずチャン氏は「VIVEは座った状態でも立った状態でも、部屋の中で自由に動き回りながらでも体験できます。パートナーやお客様にVR空間の中でいろいろな角度から製品のCGを見せたいとき、VRの中を歩いてみたいときにはVIVEが活用できます」とHTC VIVEについての説明をしていきます。


VIVEでは体験者の動きをVRに反映するためにLighthouse(ライトハウス)というトラッキング技術を使っており「ふたつのライトハウスが、ユーザーがどんな動きをしても、コンピュータが正確に見るべきものを機械に示してくれます」とチャン氏は言います。

ビジネスにおけるVR


チャン氏はIBMリサーチが発表した今年のリサーチを提示しました。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!