0

“ミニ化”の波はゲームボーイにも!? 任天堂が初代の画像を商標登録で一気に現実味

2017年10月10日 11時13分 (2017年10月11日 13時06分 更新)

出願された画像

任天堂株式会社が、初代ゲームボーイとみられる画像を商標登録すべく出願していたことが明らかになり、ミニファミコン、ミニスーファミに続く、“ミニシリーズ”として、ミニゲームボーイが発売されるのではと話題になっている。
これまでにも、任天堂はミニファミコン、ミニスーファミの発売数ヶ月前には、商標登録を済ませていて、今回、「家庭用テレビゲーム機用プログラムほか」などの内容でゲームボーイが出願されたことは、ミニゲームボーイ発売への布石ではないかと、多くのメディアが報じている。

1989年発売のゲームボーイは、発売から28年経過しても根強い人気を誇り、Androidスマホをゲームボーイ化するデバイス「SmartBoy」が発売されたり、ベルギーの学生が1メートル以上ある世界最大のゲームボーイを開発したりと、今でも話題に事欠かない状態だ。

「SmartBoy」

元々小型で、しかも任天堂からゲームボーイミクロという小型化商品も出ているゲームボーイ。ミニゲームボーイはどのようなボディで大きさはどれぐらいになるのか注目が集まる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!