5

世界最軽量ノートPCがキーボードを大改良。富士通がLIFEBOOK UHシリーズ新3モデルを発表

2017年10月17日 10時00分 (2017年10月19日 00時30分 更新)
富士通から、FMVシリーズPCの2017年冬モデルが発表になりました。中でも話題の中心となるであろうモデルが、13.3インチ、フルHD液晶搭載の軽量ノートPC『LIFEBOOK UH』シリーズの3モデルです。発売予定日は11月16日。価格は16万円前後から。

外観などは現行機と共通ですが、最軽量構成の本体重量は現行モデルより軽量な748gとなり、世界最軽量を更新。一方で天面は合金の組成を変えて剛性を強化します。さらに上位2モデルのCPUは第8世代 Core iとなり、CPU部もより高速に。

さらに特筆すべきはキーボード。現行機からストロークを深くし、さらに「メンブレン式なのにオン位置を浅く(高く)する」という驚きの改良を導入。現行機や他社のモバイルノートPCとはひと味違った打鍵感となっています。

まずは3モデルの違いから紹介。大まかにまとめると、CPUとRAM、SSDと内蔵(固定)バッテリーの容量、そして本体カラーと価格です。なお冒頭にも紹介しましたが、液晶パネルの解像度は3機種ともにフルHDです。

最上位『UH90/B3』は、想定実売21万円前後。CPUがCore i7(4コア8スレッド対応)、RAMが(店頭モデルでは待望の)8GB、SSDは256GB。バッテリーは大容量タイプ、本体カラーはピクトブラックです。

軽量モデルとなる『UH75/B3』は、実売19万円前後を想定。CPUがCore i5(4コア8スレッド対応)、RAMは4GB、SSDは128GB。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 5

  • 匿名さん 通報

    国産は、いらない機能ばかり充実して高価。おかげで、ここ20年くらいはずっと、3~4万代の台湾製使ってるが、機能は十分。ミニノートよりも、15~17インチタイプを安価に提供して欲しいわ。

    6
  • 匿名さん 通報

    PC、スマホとも高級高価のビジネスモデルはもう無理ちゃう?3万PC、1万SIM free スマホで生き抜く貧乏人より。

    3
  • 匿名さん 通報

    父親からいらなくなったnotePCを中学の時にもらったけど、今でもそれ使って大学のレポート書いてる。最近の新型よりキーが打ちやすいし本体がとても静かだ。

    3
  • 匿名さん 通報

    国産って、無駄

    1
  • 匿名さん 通報

    デザインが致命的にダサい 本当に売る気あるのか?

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!