0

Microsoft「Surface Book 2」発表、デザインそのまま高性能な15"モデル追加

2017年10月18日 02時18分 (2017年10月18日 11時30分 更新)
米Microsoftは10月17日 (現地時間)、タブレットモードを含む4つのスタイルで使用できるノートPC「Suface Book」の新世代モデル「Surface Book 2」を発表した。前モデルと同じ13.5インチと、スリムなデザインはそのままにゲーミングノートのようなパフォーマンスを追求した15インチの2サイズのラインナップになった。13.5インチモデルは価格1,499ドルから、15インチモデルは2,499ドルから。米国で11月9日に予約受付を開始、16日に出荷を開始する。日本では11月9日から13.5インチモデルの予約受付を開始し、価格は200,664円 (税込)からとなっている。

Surface Bookはクラムシェルの「ラップトップ」モードを基本スタイルに、着脱可能なディスプレイと柔軟なヒンジの組み合わせで、「タブレット」モード、ドローイングなどに適した「スタジオ」モード、プレゼンテーションやビデオ鑑賞に適した「ビュー」モードの4つで使用できる。前モデルからの強化点は、CPUとGPU、打ち心地が良くなったバックライト付きキーボード、USB-Cポートなど。

15インチモデルは、PixelSenseディスプレイが3,240×2,160 (260ppi)、アスペクト比は3:2で、10ポイントのマルチタッチをサポートする。CPUは第8世代Intel Core i7-8650U (クアッドコア)。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!