0

ドコモ、Android 8.0へのアップデート対象機種を発表

2017年10月18日 14時29分 (2017年10月18日 17時20分 更新)
NTTドコモは10月18日、発売中のAndroidスマートフォンのうち、Android 8.0 (Oreo)へのアップデートを予定している機種を発表した。開始時期や更新方法などの詳細については、提供準備が整い次第、順次アナウンスされる。

Android 8.0は「Oreo」のコードネームが付いた最新バージョン。主に動作や安定性の向上が図られており、起動時間の短縮やバッテリー消費の抑制を実現する。また、スマートフォンやタブレット向けの「Picture In Picture」などの新機能をサポートしている。

アップデートの対象機種は、2016年夏モデルから2017年~2018年冬春モデルまで計21機種がリストアップされている。なお、2017年~2018年冬春モデルの「Xperia XZ1 SO-01K」「Xperia XZ1 Compact SO-02K」「V30+」「JOJO L-02K」(ベースモデルはV30+)には、Android 8.0を標準搭載する。

対象機種は下記のとおり。

AQUOS ZETA SH-04H
AQUOS EVER SH-02J
AQUOS R SH-03J
AQUOS sense SH-01K
arrows NX F-01J
arrows NX F-01K
arrows Tab F-02K
dtab d-01K
Galaxy S7 edge SC-02H
Galaxy S8 SC-02J
Galaxy S8+ SC-03J
Galaxy Feel SC-04J
Galaxy Note8 SC-01K
MONO MO-01K
M Z-01K
V20 PRO L-01J
Xperia X Performance SO-04H
Xperia XZ SO-01J
Xperia X Compact SO-02J
Xperia XZs SO-03J
Xperia XZ Premium SO-04J

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!