0

ドコモがジョジョスマホ第2弾を公開。作品30周年記念モデルはV30+ベース

2017年10月18日 20時15分 (2017年10月20日 05時30分 更新)
NTTドコモが2018年1月以降の発売を発表したLGエレクトロニクス製スマートフォン「V30+」(L-01K)のコラボモデルとして、漫画「ジョジョの奇妙な冒険」コラボモデル「JOJO L-02K」の発売を予告しています。10月18日に開催された発表会では、背面デザインのモックアップが披露されました。

「ジョジョ」の誕生30周年と、ドコモ営業開始25周年を記念して制作したモデル。ドコモは2012年にもジョジョコラボのスマートフォンを限定発売しており、今回はその流れを汲む第2弾という位置付けです。このときのベースモデルは、同じくLG製の「Optimus Vu」(L-06D)でした。

L-02Kは12月に正式発表を予定しており、2018年に発売予定。ドコモの説明員は「年度中には発売したい」と話していました。
ハードウェア仕様はV30+に準じますが、ボディカラーはベースモデルにはないホワイト(ベースモデルはシルバーとブラックの2色展開)。原作者の荒木飛呂彦さん描き下ろしの外観デザインや切り替え可能なテーマ、壁紙など、30周年の歴史を網羅したコンテンツを盛り込んでいます。

話を聞いた限りでは、「ただの第2弾にする気はない」方針を採っているようで、切り替え可能なテーマは1~8部まで用意しつつ、前回のコラボでも好評だった、機種オリジナルの予測変換辞書なども強化させるといいます。

UIに採用するデザインについては特定のキャラクターに偏るようにはしない方針ですが、例えば「電源管理」系の機能であれば、電気系の能力を持ったキャラクターをテーマにする可能性が高いとのこと。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!