0

Windows MRヘッドセット対応ソフト31点一覧

2017年10月18日 20時15分 (2017年10月19日 17時50分 更新)

マイクロソフトが開発するMRプラットフォーム「Windows Mixed Reality」が10月17日にローンチとなりました。各社より対応HMD、ゲームタイトルなどが発売されました。本記事では、18日現在Windowsストアで取り扱われているWindows MR対応タイトルを紹介しています。

31のWindows MRタイトルがリリース

Windows Mixed Realityは、マイクロソフトの開発するWindows 10で利用可能なVR/AR統合プラットフォームです。現在展開されている各社HMDは主にVRコンテンツに対応し、Oculus RiftやHTC Viveといった従来のヘッドセットに比べ低価格、センサー不要で動き回ることが可能といった特徴を持っています。

Windows MRのローンチとなった17日には、国内ではAcer及びHPよりWindows MRヘッドセットが発売、またDell及び富士通より予約受付が開始となりました。価格はそれぞれ税抜・コントローラー付属で、Acer製が54,800円、HP製が59,800円、Dell製が49,500円、富士通製が52,800円となっています。

また同時に、WindowsストアにてWindows MR対応タイトルが数多くリリースされました。多くの既存タイトルの移植に加え、『Halo Recruit』などの専用タイトルも含まれています。なお現在、Windows 10標準のストアアプリにて、Windows MR特設ページが用意されています。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!