0

「ギガが減って大変」の前に。LINEアプリ設定の見直しで、普段から通信容量を節約:iPhone Tips

2017年10月19日 10時30分 (2017年10月20日 11時46分 更新)
iPhoneを使っている多くの方が意識しているであろう、データ通信容量のやりくり。動画を見る回数を減らすなどの使い方で調整されている方も多いでしょうが、一方でアプリの使い方を見直すことで無駄な容量を節約できることも多くあります。

今回は、昨今多くの方で使用頻度が高いLINEアプリに焦点を当て、トーク画面上に送る写真画質の変更や、動画の自動再生を制限することで、データ消費量を減らす方法を紹介します。
写真を「低画質」に設定まず確認したいのが、「LINE」で送る写真の設定。実は3段階が選択できます。設定が高ければ高いほど、画質面では有利ですが、データ通信量の消費が大きくなります。ここでは、デフォルトで「標準」に設定されている画質を、低画質に変更する方法を紹介します。

まずは、LINEの「設定」画面を開き、「写真と動画」をタップ。「写真と動画」画面が表示されたら「送信する写真の画質」をタップし、「低画質」にチェックを入れましょう。

LINEの「設定」画面を開き、「写真と動画」をタップ。次に「送信する写真の画質」をタップする(左)。「低画質」にチェックを入れる(右)

これで、LINEで送信する写真を低画質に設定できました。
写真の自動ダウンロードとGIFの自動再生をオフに次に、トーク画面上に送られる写真を自動ダウンロードされないように設定します。「写真と動画」画面から「写真を自動ダウンロード」のスイッチをオフにしましょう。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!