0

UQ mobileがシャープ・富士通製の新スマホ、防水やおサイフにも対応:週刊モバイル通信 石野純也

2017年10月25日 13時00分
UQコミュニケーションズが、MVNO事業のUQ mobileに秋冬モデルとして追加する、2機種を発表しました。ラインナップに加わるのは、富士通製の「arrows M04 PREMIUM」と、シャープ製の「AQUOS sense」。まるで、ドコモの「docomo with」ならぬ、「UQ with」のような顔ぶれですが、まずは2機種がどんな端末なのかを見ていきましょう。arrows M04 PREMIUMarrows M04 PREMIUMは、富士通のSIMフリースマホとして発売中の「arrows M04」を強化したモデル。PREMIUMと銘打っているように、メモリ(RAM)とストレージ(ROM)が、通常のarrows M04よりも増量されており、前者が2GBから3GBに、後者が16GBから32GBになっています。チップセットは、通常版と同じSnapdragon 410で、カメラの画素数も1310万画素です。

▲メモリとストレージを増強した「arrows M04 PREMIUM」

チップセットがやや古めなのをのぞけば、いわゆるミッドレンジモデルの標準的なスペックで、お値段的にも、節約志向のMVNOユーザーにピッタリな1台といえるでしょう。日本メーカーならではの、おサイフケータイや防水・防塵にも対応しており、ハンドソープで洗うこともできます。UQ mobileでは、この端末を3万6396円で販売しますが、料金プランに応じた「マンスリー割」もつき、実質価格はプランSで2万6028円、より大容量なプランM、プランLだと1万3068円と割安になります。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「UQ mobileがシャープ・富士通製の新スマホ、防水やおサイフにも対応:週刊モバイル通信 石野純也」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!