0

インド、今年も大気汚染悪化で学校が休校

2017年11月15日 06時00分 (2017年11月17日 15時39分 更新)

インドの首都・ニューデリーで大気汚染が悪化、すべての学校が休校となる事態になったという(CNN時事通信毎日新聞)。

近年ニューデリーの大気汚染は悪化しており、「1日にタバコ50本を吸うのと同等」というレベルの影響があるという話もある(ナショナルジオグラフィック)。

世界保健機関(WHO)によるPM2.5(有害な微小粒子状物質)指数の推奨上限値は25だが、13日の同市内のPM2.5指数は500を超えており、危険なレベルだという。また、視界不良で空港の滑走路が一時閉鎖される事態も起きているという。

大気汚染の原因は自動車や発電所、工場、建設現場などで、特に冬になると風が止んで煙や排ガスなどが滞留するために大気汚染が悪化しやすいようだ。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | サイエンスセクション | 地球

関連ストーリー:
いま世界で大気汚染がもっとも酷いのはインド 2017年02月23日
自動車の排気ガス汚染、主要死亡原因にランクイン 2012年12月21日
中国やインドの大気汚染、米国の気候に影響を与える 2012年05月30日

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!