0

ウッドデザイン賞・最優秀賞は秋田杉等を使った「ノーザンステーションゲート秋田プロジェクト」

2017年11月20日 18時10分 (2017年11月21日 19時46分 更新)

「ノーザンステーションゲート秋田プロジェクト」のJR秋田駅

[その他の写真を見る]

「ノーザンステーションゲート秋田プロジェクト」のJR秋田駅

木の良さや価値を再発見させる製品や取組について表彰する「ウッドデザイン賞|JAPAN WOOD DESIGN AWARD 2017」は、最優秀賞・優秀賞・奨励賞の上位賞作品を発表した。
最優秀賞(農林水産大臣賞)に輝いたのは、「ノーザンステーションゲート秋田プロジェクト」。秋田の活性化プロジェクトとして、JR秋田駅を中心にしたもので、中央改札前の秋田杉のファサードや待合ラウンジの秋田杉の天井ルーバー、県産オニグルミ材等のオリジナル家具など、県産材を活用している。また、秋田公立美術大学による端材でのアートなども設置、受賞は、木に囲まれ、木に癒される消費者目線の空間づくりが高く評価された。

優秀賞は9点を選出。奈良県の工房studioJigによる吉野杉を使った曲線が美しい家具「CJシリーズ」、高知県艸建築工房が手がけた、ふんだんに木材を使い大胆な屋根の傾斜が目を引く「宿毛商銀信用組合本店」など、建築・空間・建材・部材、木製品、コミュニケーション、技術・研究の分野から幅広く選出されている。

studioJigの「CJ2 Legless Chair」

高知県艸建築工房の「宿毛商銀信用組合本店」

なお、「ウッドデザイン賞 2017」の展示会は12月7~9日に、「東京ビッグサイト」東1ホール「森林からはじまるエコライフ展」内の「ウッドデザイン賞 2017」ブースにて行われる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!