4

持ち物現金化アプリ「CASH」、DMMが買収 70億円で

2017年11月21日 07時33分 (2017年11月22日 09時50分 更新)
 DMM.comは11月21日、持ち物現金化アプリ「CASH」(iOS向け)を提供するベンチャー企業・バンクの全株式を取得し、子会社化したと発表した。買収額は70億円。10月31日付で合意したという。DMMはCASHの事業について「順調に推移している」とし、今後「圧倒的な拡大成長を目指す」としている。

 バンクは、オンラインストア構築サービス「STORES.jp」創業者・光本勇介氏がCEOを務める企業で、資本金は900万円、従業員は6人。2017年2月の設立からわずか8カ月で買収されたことになる。

 CASHは、売りたい商品のブランドや状態を選択し、写真を撮影すると、即座に査定金額を提示。金額に承諾するとアプリ内に「キャッシュ」(現金)が振り込まれ、銀行振り込みなどで受け取れる。6月28日にスタートしたところ利用が急増し、開始から16時間半で現金化総額は約3億6600万円に。バンクは「利用が処理能力を超えた」として翌29日にサービスを休止した。

 当初は、査定を受けた商品を送る期限は「2カ月」以内で、商品を送らず返金を受ける際に手数料15%がかかっていた。このため「質屋のようなアプリ」とも評され、15%の手数料は「利息ととらえると出資法の上限を大きく超えており、ヤミ金に近いのでは」との批判もあった。

 8月28日にサービス再開。査定を受けた商品を送る期限を2カ月から2週間に短縮し、返金手数料は無料にすることで、「中古品買い取りサービス」色をより鮮明にして再出発していた。再開以降の商品の買い取り金額は、6月当初より大きく下がっているようだ。

 DMMによるとCASHは「8月の再開以降、事業としては順調に推移している」という。今後は「DMMグループのサービス基盤や人材、資本などを活用することで、バンクを全面的にサポートし、圧倒的な拡大成長を目指す」としている。

 

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 4

  • 匿名さん 通報

    notePCは大丈夫だけどデスクトップは外側だけじゃなく内部まで写真撮影して送らないとハードオフ以上に買い叩かれるよ、気をつけて

    4
  • 諸行無常 通報

    質屋の時代も終わりか。ネット普及で産まれる企業、衰退する企業が始まる。

    4
  • 匿名さん 通報

    そもそもハードオフに売るという事は要らないから売るというスタンスで店側は、見てるから、捨てるのなら微々たる金で買ってあげますよ的な考え、そこで儲けようという考え方は捨てた方がいい

    4
  • 匿名さん 通報

    ネット復及と言えど、しわ寄せが流通にきてるから結局は割高になる人が関与する事は無くならない、てかネットはかなり高いんだけど、みんなよく買うよな

    3
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!