2

セブンイレブンがシェア自転車の貸出拠点に、Webやアプリで事前予約も可能

2017年11月21日 15時47分 (2017年11月22日 15時06分 更新)

イメージ

株式会社セブン‐イレブン・ジャパンは21日、ソフトバンクグループのOpenStreetとの協業により、自転車シェアリングサービスを提供開始すると発表した。まずは11月21日から埼玉県さいたま市の9店舗からスタートし、2018年度末(2019年3月末)までに首都圏や地方都市1000店舗で5000台を展開する計画だ。

ステーションイメージ

利用する際は、Webサイトやアプリから事前予約が可能。その場合は、発行される4桁のパスコードを駐輪場の操作パネルに入力すれば利用開始できる。また、事前予約していなくても、nanacoなどのICカードを操作パネルにかざすだけで利用開始できる。なお、ICカードは登録しておけば次回以降の利用が簡単になる。

店舗にある駐輪場は、ソフトバンクとOpenStreetが運営する自転車シェアリングシステム
「HELLO CYCLING」を活用したステーションとして運営。借りた自転車はどこのステーションで返却してもOKで、セブンイレブンを起点とした移動が楽になる。

料金は15分60円(税別)が基本で、1日1000円が設定される場合もある。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    そのうち、世の中がコンビニだけになっちゃう。

    3
  • 匿名さん 通報

    店舗ごとに広い駐車場を持つ7-11ならではの発想だな。普通車1区画分を駐輪場にしても問題ないし、自転車に乗って返却しに来た人がアイスや飲み物を買ってくれる可能性大。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!