0

ポケモンGO更新、iPhone Xに最適化。iOS 8サポート終了や最大CPバグ修正など

2017年11月22日 12時40分 (2017年11月23日 16時36分 更新)
ポケモンGOがバージョン0.83.1 (iOS 1.53.2)にアップデートしました。

主な更新点は iPhone X の画面解像度への対応。バグ修正と起動高速化のほか、このバージョンから iOS 8の iPhoneiPad には非対応になります。公式の主な更新点は以下
iPhone Xにおける画面解像度の最適化

iOS 8 のサポート終了

エラー時に表示されるバナーが、アプリを再起動するまで消えないバグを修正

ポケモンのCPを最大限まで強化できなかったバグの修正

起動時のロード時間の最適化

その他、軽微なバグの修正


iPhone X の新しい解像度に対応していないアプリは、上下の黒帯がベゼルと一体化してまるで「オールスクリーン」感のないガッカリ表示になってしまいますが、ポケモンGOは新端末の発売月のうちには対応してきました。

iOS 8のサポート終了では、これまでポケモンGOができていた端末で遊べなくなる状況が発生します。

しかしポケモンGOは以前から動作要件が iPhone 5以降なので、正式にサポートされている機種ならば、今回のアプリ更新後も遊べる iOS 9 にアップデート可能。

これまで遊べていたのに、 iOS 9に上げられない端末だから詰んだ!という状況には普通はならないはずです。(古い機種は対応していてもパフォーマンス的に辛く、乗り換えるにこしたことはありませんが)。

起動時のロード時間短縮(「最適化」)は、いつの間にか落ちて起動し直しが多いアプリとしては嬉しいところ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!