3

毎年行列&トラブル多発だったスタバの福袋、2018年からはオンライン抽選に変更

2017年12月1日 16時39分 (2017年12月4日 19時46分 更新)

発表資料

[拡大写真]

発表資料

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社は、2018年1月1日から発売する「福袋2018」について、販売形式をオンライン抽選に切り替えると発表した。
スタバの福袋は、タンブラーやカップ、コーヒー豆などが入り、毎年人気になっている商品。ただ、人気が過熱気味でトラブルも発生。数量限定を設定していなかったために行列の先頭グループが在庫を全て買い占めたり、転売横行によって高騰化したり、行列が長すぎてクレームが出るなどが問題になっていた。

そこで同社では福袋販売をネットに切り替え。オンライン抽選(11月30日~12月13日)にして、当選eTicketが当たったユーザーのみが1月1日以降に店舗で引き換えられるようになった。

なお、価格は6000円(税込)で、オリジナルデザインのキャンバストートバッグ入りとなっている。
発表資料
URL:http://www.starbucks.co.jp/luckybag/
2017/12/01

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 3

  • 匿名さん 通報

    転売ヤーは死滅してほしい

    6
  • 匿名さん 通報

    今見てきたけど、結局フリーメール使って抽選し放題じゃねぇか。付けるクスリがねぇな

    2
  • 匿名さん 通報

    もう抽選とかやめてネットのみで受注生産にすべき。叶姉妹見習えよ。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!