0

TDKが画期的な小型全固体電池を量産化。EV用途など大容量は、まだ先

2017年12月2日 07時29分

 TDKが21日、世界初の充放電可能なSMDタイプのオールセラミック全固体電池「CeraCharge(セラチャージ)」を開発したとして、ちょっとしたニュースとなっている。


 「CeraCharge」は、セラミック材料を積み重ねて作るタイプのバッテリーで、2018年春ごろを目途に量産を開始する。


 全固体電池は、「次世代電池」として幅広い業界で全固体電池の開発が加速している分野だ。TDKは、早期量産化で業界の需要に応えるという。


 現在、世界的に普及するリチウムイオン電池は、液体の電解質を使うため、いくつかのニュースで報道されたように、電車の中でバッグの中に入っていた電池が燃えるなどの危険性が指摘されていた。


 CeraChargeは電解質としてセラミック固体電解質を利用する。MLCCのような積層技術をベースに製造されており、この技術により、従来型の充放電可能なリチウムイオン電池と同等の高いエネルギー密度と最小サイズを実現した。同時に、セラミック多層コンポーネントによる安全性と大量生産の利点を併せ持ち、液漏れや発火などの恐れがなく安全性が高い。


 CeraChargeは当面、小さなIoT機器や高い安全性が求められるウエアラブル端末などの利用を想定。小電力で駆動するリアルタイムクロックや近距離無線通信「Bluetooth」発信器などの電池として使用することになりそうだ。


 全固体電池は、これまでのリチウムイオン電池の次世代技術として大きな注目を集めている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「TDKが画期的な小型全固体電池を量産化。EV用途など大容量は、まだ先」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!