2

ついにスマホの記録容量が512GBに、Samsungが64層V-NANDを使った「eUFS」を開発

2017年12月7日 16時54分 (2017年12月12日 20時00分 更新)

先ほど5波キャリアアグリゲーションを使った下り最大1.2Gbpsの超高速LTEに対応した「Snapdragon 845」が発表されましたが、その通信速度を十分に生かせるストレージが開発されました。
なかなか進化を遂げてこなかったスマホのストレージですが、いよいよ500GBを超えることになります。詳細は以下から。

Samsungのプレスリリースによると、同社は64層512Gb V-NANDチップを8層重ねたことで512GBの記録容量を実現したユニバーサルフラッシュストレージ「eUFS」の量産を開始したそうです。
これはフラッグシップスマホやタブレットに向けたモデルで、従来提供してきた48層V-NANDを使った256eUFSと同じ体積で密度を倍増できたとのこと。

読み込みは毎秒最大860MB、書き込みは毎秒最大255MBと高速で、5GBのフルHD動画を約6秒で転送可能。高解像度バースト撮影やデュアルビデオ再生など、今までにないシームレスなマルチメディア体験を利用できるとされています。
さらにランダム読み込み42000IOPS、ランダム書き込み40000IOPSを実現しており、microSDXCカードを利用した際に発生する「潜在的なシステム性能の限界(=microSDXCカードが性能のボトルネックになること)」を克服できます。
なお、Samsungは今後64層512Gb V-NANDチップを積極的に増産する方針。より少ない体積で大容量のストレージを実現できるため、スマホ全体のストレージ容量の底上げも期待できそうです。

【ついにスマホの記録容量が512GBに、Samsungが64層V-NANDを使った「eUFS」を開発】を全て見る

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    PCなりクラウドなり、サードパーティー製のUSBメモリーとかに画像とか保存出来るんだから、んな容量あっても必要ないかと

    2
  • 匿名さん 通報

    ネット環境に繋がらない場所では、大容量バードは便利ですよね~。あれ、スマホって、そもそも、ほぼ、いつもネットに繋がる機器じゃなかったかな。HDDより価格の改革を優先してほしい。上位機種の値段高すぎ。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!