0

「Google Chrome 63」安定版公開 危険度最高を含む37件の脆弱性に対処

2017年12月7日 10時30分 (2017年12月8日 10時50分 更新)
 米Googleは12月6日(現地時間)、Webブラウザ「Chrome 63」の安定版(63.0.3239.84)をWindows、Mac、Linux向けにリリースしたと発表した(Android向けは前日にリリース済み)。向う数週間かけてローリングアウトしていく。

 このアップデートで追加すると予告されていたWebサイトごとの音声自動再生ミュート機能は見送られたようだ。

 一般ユーザーに直接関係のある目立った新機能の追加はないが、開発者向けには「Device Memory API」の追加や「V8 JavaScript」のバージョンが6.3にアップデートなどがある。

 セキュリティ関連では、深刻度が5段階で最高の「Critical」1件、「High」6件を含む37件の脆弱性が修正された。Criticalは、トランスポートレイヤーネットワークプロトコル「QUIC」での領域外メモリへの書き出しの脆弱性(CVE-2017-15407)報告社には1万500ドルの賞金が贈られる。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!