0

今期iPhoneはXより8とPlusが優秀? 米コンシューマー・レポート誌がiPhone Xのテスト評価を公開

2017年12月8日 08時00分 (2017年12月9日 10時36分 更新)
アメリカの消費者団体が発行する雑誌「コンシューマー・レポート(以下CR)」がiPhone Xの評価を実施し、その結果がiPhone 8やiPhone 8 Plusに届かなかったと発表されました。
厳しいテストで知られるCR誌なので当然理由があり、背面ガラスの割れやすさ(ただし後述のように、そもそもが非常に厳しい耐久テストでの結果です)や、8 Plusに対してはバッテリー時間の若干の短さがマイナス材料とされています。

ただし総合的な評価では、Xも含めてお勧めできるスマートフォンのベスト10に入っており、またトップ10中のスコアの違いは微々たるもの。どの端末が最もいいか決めるものではないとの但し書きがついたレポートとなっています。動画を見る

CRは80年以上の歴史ある製品評価雑誌。レポートの公平を期すために一般企業広告を掲載することは一切なく、評価するすべての商品も自腹で購入し、米国読者の高い信頼を勝ち得ていることで知られています。

同誌はiPhone Xの耐久テストを実施。まず5フィート(約1.5m)の高さから前面や背面など違った角度から4回落とす試験では、特に目立った外傷も動作不良もなし。

その後、回転式チャンバーに入れて約2.5フィート(約75㎝)の高さから連続して100回も落とすテストを実施。3つのiPhone Xを使ったところ、うち1台には背面ガラスに大きなヒビが入り、他の2台は50回落とした時点でディスプレイが誤作動したとのこと。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!