0

過去のチップセットの互換性はないとされていたCofee Lakeプロセッサ、実は従来チップセットでも動く?

2017年12月8日 06時00分 (2017年12月11日 14時39分 更新)

Intelが9月に発表した第八世代Coreプロセッサ(Coffee Lake)は、パッケージとしては従来と同じLGA1151を採用しているが、Intel Z270やZ170といった既存のチップセットと組み合わせては利用できず、同時に発表されたIntel Z370チップセットだけにしか対応していないとされていた(4gamer)。4gamerによると、物理的に取り付けられるにもかかわらず互換性がない、というのは今回が初めてのケースだという。しかし、Z170搭載マザーボードのBIOSに手を入れることで、Z170チップセットとCofee Lake CPUを組み合わせて利用できることが有志によって報告されているようだ(PCGames NTweakTownニッチなPCゲーマーの環境構築)。

ただ、この改造BIOSではGPUやPCI Expressなどで問題が発生しているとのこと。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | ハードウェアセクション | ハードウェア | ハードウェアハック

関連ストーリー:
Intel、コードネーム「Knights Hill」こと第3世代Xeon Phiを開発中止に 2017年11月28日
Intel、Radeon GPU内蔵Coreプロセッサを発表 2017年11月08日
Intel、デスクトップ向け第8世代Coreプロセッサを発表 2017年09月26日

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!