0

Googleの男女格差巡る集団訴訟、カリフォルニア地裁が訴えを却下

2017年12月13日 07時00分
あるAnonymous Coward曰く、

今年9月、Googleの元従業員の女性3人が男女間の賃金や昇進機会の格差を巡ってGoogleを提訴したが、米カリフォルニア大学連邦地裁がこの訴えを却下した(ReutersCNNMoneySlashdot)。

この3人が「同州のグーグルで働くすべての女性を代表」すると主張した点が不適切と判断され却下に至ったようで、実際にGoogle内で男女格差が存在していたかどうかは判断されていないようだ。また、裁判所側は「別を受けた女性に限定した訴訟」を起こすための猶予も原告側に与えたとのこと。これを受けて原告側の弁護士は1月上旬までに新たな訴訟を提起する模様。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | ITセクション | ビジネス | Google | 法廷 | アメリカ合衆国

関連ストーリー:
Google、コンピュータ科学者のイメージを変えるためハリウッドに介入 2017年09月07日
男女平等ランキング、日本は144カ国中111位に後退。過去最低に 2016年10月28日
Googleの従業員、性差別と戦うため男女を問わず肩書に2日間「Lady」を付ける 2016年06月19日
オープンソースに興味を持つ女性を増やすため、活躍する女性のサクセスストーリーを一挙紹介 2014年02月06日

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「Googleの男女格差巡る集団訴訟、カリフォルニア地裁が訴えを却下」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!