0

ロボットやIoTが生活をどう変える?──変なホテルで考えた(前編)

2017年12月18日 20時00分

変なホテル名物の恐竜とアンドロイドのフロント。しかし、本質は他にある

[拡大写真]

 2015年7月の1号店のオープン以来、「初めてロボットがスタッフとして働くホテル」として注目を集めている「変なホテル」。12月15日には西葛西にもオープンし、4店目にして初めて都内進出を果たした。ホテルとしてのロボット化の目的はコストダウンだが、ホテルに泊まる側から見れば、IoT化が進みロボット化が進んだ生活スタイルの絶好のサンプルだ。
 そこで、IoTやITの進展がライフスタイルに与える影響を研究してきた、マカフィーの執行役員でコンシューママーケティング本部の青木大知本部長とBCNの道越一郎チーフエグゼクティブアナリストは、長崎県佐世保市のハウステンボスにある1号店「変なホテル ハウステンボス」を訪れ、新たな生活スタイルのポイントや問題点を体験してみた。
●27種、247台のロボットが働く、ロボットの館
 一度聞いたら忘れない「変なホテル」。現在は佐世保(長崎県)、舞浜(千葉県)、蒲郡(愛知県)、西葛西(東京都江戸川区)の4か所で営業している。2018年以降、銀座、浜松町、浅草橋、赤坂、羽田、博多、大阪心斎橋などに続々とオープンする予定で、海外への進出も計画しているという。メディアによく登場するのはフロントで宿泊客を出迎える恐竜とアンドロイド。しかし、本質はさまざまな作業ロボットを駆使して高い生産性を追求する運営スタイルにある。
 「従業員数は7名。うち2人は交代で公休をとるため1日5名で運営している」。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「ロボットやIoTが生活をどう変える?──変なホテルで考えた(前編)」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!