0

リビングで焼肉やろうぜ、エスキュービズムの吸煙グリル

2017年12月18日 10時24分 (2017年12月27日 14時00分 更新)
エスキュービズムは12月18日、煙を吸い込む吸煙グリル「SNG-001WH」を発表した。12月中旬に発売する。希望小売価格は19,800円(税別)。

SNG-001WHは、カーボンヒーターの遠赤外線で食材を内部から温めるため、調理中に煙が出にくい吸煙グリル。食材から出る余分な脂は、グリル下部の水皿に落ちるため、食材をヘルシーに食べられるとしている。また、換気扇にも使われる「シロッコファン」を内蔵し、グリル側面にある穴から煙を吸い込む。

本体サイズはW290×D480×H130mm、重量は約4.2kg(プレート含む)。色はブラックとホワイトの2色。焼肉プレートが付属する。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!