0

2015年の今日、X68000の詳細資料が公開されました:今日は何の日?

2018年1月13日 14時00分
おもなできごと
・2012年1月13日、ロジクールが1080pでのビデオ通話に対応したウェブカメラ「C920」を発売
・2015年1月13日、カシオが最大1000fps撮影に対応したデジカメ「EX-100PRO」を発売
・2015年1月13日、シャープが「X68000」のサービスマニュアルを公開
・2016年1月13日、東芝がウェアラブル端末「Wearvue TG-1」を発表1月13日はタバコの「ピース」が発売された日。第2次世界大戦後もタバコは配給制でしたが、1946年に自由販売タバコの最初の製品として登場したのがピースでした。タバコの歴史については、「たばこと塩の博物館」のサイトが詳しいです。

過去のできごとで気になったのは、「X68000」のサービスマニュアル公開(2015年)。X68000といえば16bitのCPU、6万5536色のグラフィック、高音質な音源を搭載するなど、ホビーPCとして人気が高かった製品です。コアなユーザーが集まったこともあって、ソフトに限らずハードまで「ないものは自分で作る」精神が強かった覚えがあります。そのサービスマニュアルが公開されました。通常のマニュアルが使い方の説明となっているのと違い、ハードウェア構成からメモリマップ、基板の配線図まで網羅されてるなど、修理用の資料として使われていたものです。期間限定ではないので、今でもシャープの電子書籍ストア「COCORO BOOKS」(旧名:GALAPAGOS STORE)から0円で購入可能。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「2015年の今日、X68000の詳細資料が公開されました:今日は何の日?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!