0

iPhoneのヘルスケアデータがドイツの刑事裁判の証拠として提出。「上った階数」が有力な手がかりに

2018年1月13日 15時00分 (2018年1月15日 07時06分 更新)
ドイツで発生した強姦および殺人事件の裁判で、iPhoneのヘルスケアアプリのデータが使用されたことが報じられています。

事件が発生したのはドイツ南西部の都市フライブルグ。ドイツのニュースメディアWeltによると、被告人が所有しているiPhoneを当局が分析し、犯行当日に彼が取った歩数と行動のデータが得られたとのことです。アフガン難民である被告人は、フライブルグの学生を強姦・殺害し、川に投棄した疑いで9月から裁判にかけられています。しかし犯行前後に監視カメラに捕捉されていない時間があり、足取りが曖昧な部分がありました。

被告は押収されたiPhoneのパスコードを教えることを拒否。そこで捜査当局はミュンヘンの某社に依頼し、ヘルスケアアプリのデータを調査して多くのデータを取り出すことに成功したそうです。

ヘルスケアは2014年にiOS8がリリースされて以降、全てのiPhoneに追加された標準アプリ。iPhoneを携帯しているユーザーの歩数や自転車の走行距離など、行動データを事細かに記録しています。

捜査当局が注目したのは、この中で「上った階数」のデータ。被告人は被害者の身体を堤防の階段を上ってから川に捨てたと推測されていますが、これが上記のデータと一致。当局は実際に被告人と同じ身長の調査官を現場に送り、同様の動きを行わせた上で、裏付けが取れたと主張しています。

2017年にもアメリカ・テキサス州で発生した銃乱射事件につき、現地の捜査当局とFBIが被告人のiPhoneを自力でロック解除しようとしたところ、失敗。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!