0

AMDとEnmotus、SSDによるHDD高速化ソリューションをAMD Ryzen向けに提供

2018年1月14日 15時34分
shesee 曰く、

CES 2018で発表した通り、AMDとEnmotusはAMD Ryzen向けに小容量SSDを使ったHDD高速化ソリューションFuzeDriveを提供する。価格は19.99ドル(製品情報FAQインストールガイド: PDF)。

Enmotus社がサーバー向けに提供するソリューションの機能限定版であり、Intel RSTと似たような機能を提供するが、こちらの方が構成は自由である。起動ドライブを高速化することも、データドライブを高速化することもできる。既存のドライブがSSDでもHDDでもFuzeDriveに移行でき、SSD同士の組み合わせも可能だが、UEFIの機能では無いので、初めからFuzeDriveにインストールする事はできない。

注意点としては、機能制限としてFuzeDriveで利用可能なSSDの容量が128GB以下に限られることである(※)。このほか、対応OSがWindows10のみである点や、A320チップセットは対象外である点が注意点として挙げられる。

128GBのSSDもあまり売られていないので、筆者のお勧めはIntel Optane Memoryである。2レーンとはいえNVMeであり、抜群のレスポンスと耐久性を誇っている。Intel RSTによるOptane Memoryは起動ドライブにしか使えないなど少し残念だったが、これはデータドライブにも使えるので、Steam長者でHDDが一杯な方はいかがでしょう。

※128GB以上のSSDを高速化用ドライブとして追加する場合は128GB分だけがFuzeDriveで使われ、残りの容量は別ドライブとして使用できるとのこと。128GB以上のSSDがブートドライブの場合、パーティションを縮小するか、HDD側に移動しておく必要がある。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | ITセクション | ソフトウェア | AMD | ストレージ

関連ストーリー:
キャッシュとしての利用を想定した3D XPoint採用の「Intel Optane Memory」発表 2017年03月31日
3D XPoint技術採用の最初のSSDが市場に登場 2017年03月24日
ハイブリッドドライブには8GBのフラッシュメモリーで十分? 2013年08月10日
SSDキャッシュドライブ、今後はブームになる? 2012年08月10日
Seagateからフラッシュメモリを併用するハイブリッドHDD 2007年10月10日

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「AMDとEnmotus、SSDによるHDD高速化ソリューションをAMD Ryzen向けに提供」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!