0

活況の電池市場。1次電池も新技術・新製品の投入で需要増に期待

2018年1月21日 14時26分

 スマートフォンやウェアラブル機器、パソコンなどを始めとしたモバイル機器の爆発的な普及に伴って、リチウムイオン電池(LiB)など充電可能な2 次電池の需要が拡大している。


 しかし、その一方で、乾電池をはじめとする1次電池の需要も堅調だ。


 富士経済の調査によると、1次電池の世界市場は、2020年には1兆1323億円に伸長すると予測している。その大きな要因として挙げられるのは、新興国での需要だ。新興国ではマンガン電池からアルカリ電池へのシフトが継続しており、今後も需要増が見込まれている。また、日本でも防災意識の高まりなどから、乾電池は緊急時用の買い置き需要が伸びているようだ。


 パナソニックも、今年3月に創業100周年を迎えるにあたり、その事業目標として乾電池の累計生産2000億個を目指すことを公言し、同社の乾電池の製造拠点である、大阪府守口市の工場はもとより、タイやインドなどの海外工場の生産拠点も強化している。また、昨年4月には9年ぶりとなる新製品「EVOLTANEO(エボルタネオ)」を発表。同製品は材料、工法、構造の全てを技術革新したことで「長もち」、「長期保存」、「液もれ防止性能」の全てで性能アップに成功し、全ての電流域で同社史上No.1の長もちを実現。これまでの「EVOLTA」に比べ、長もち性能が約10%もアップしている。また10年保存後の長もち性能も約20%アップしているほか、新開発の「液もれ防止製法 Ag+」により、過放電後のガス発生量を約30%削減することに成功した。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「活況の電池市場。1次電池も新技術・新製品の投入で需要増に期待」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!