0

Galaxy S9、なんと背面カメラの絞りが可変式に? F1.5~2.4で変更可能

2018年1月23日 16時43分 (2018年1月24日 12時08分 更新)
Image: weibo via SlashGear

これはちょっと試してみたい!

いよいよ来月のMWC(モバイル・ワールド・コングレス)にて発表される、Samsung(サムスン)の新型スマートフォンGalaxy S9/S9+」。外観や内部スペックなどの情報もある程度伝わってきていますが、今回はその前後カメラに関する流出情報です。

韓国語サイトのetnewsが掲載した情報によると、Galaxy S9では内部スペックの向上が焦点になります。事前情報とおり背面はシングルカメラになる予定ですが、なんと絞りをF1.5からF2.4の間で変更できるんだそう。センサーサイズが小さいので、一眼カメラのような深いボケ感のためというよりは、暗いシーンでも撮影できることがウリになるのでしょうね。しかしそれ以上に、メカニズムが気になる! 絞り羽根が付いているのだろうか…?

大型モデルのGalaxy S9+はそもそもデュアルカメラになる噂ですが、こちらにもF1.5とF2.4のレンズが搭載され、広角・ズーム撮影が可能となります。

そしてGalaxy S9のフロントカメラでは、800万画素のオートフォーカス(AF)機構付きカメラが搭載されます。このフロントカメラには虹彩認証機能も一体化されるとのこと。一方、Galaxy S9+はフロントカメラと虹彩認証システムを分離搭載。このあたりは、本体サイズの制限が採用部品の違いに影響しているのかもしれませんね。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!