2

iPhone 6.1インチモデルは機能縮小版?

2018年1月24日 13時51分 (2018年1月25日 14時10分 更新)

iPhone 6.1インチモデルのモック

[拡大写真]

 2018年に発売される3種類のiPhoneのうち6.1インチ液晶ディスプレイモデルについて、台湾KGI Securitiesのアナリストであるミン=チー・クオ氏(郭明?)は、ステンレススチールを使用せず、アルミフレームを採用し、メモリは3GBで、3D Touchは非搭載になると予想しているとAppleInsiderが伝えている。

 同時に発売される有機ELモデルはメモリ4GBになると予想しているそうだ。

 ミン=チー・クオ氏は、現行のiPhone Xは値下げされず、生産を終了し、新しいモデルに置き換えられるとも予想しているが、開発費が回収出来た端末を終了して、新しい端末に置き換えるとするならば、次期モデルは、かなり生産コストを下げられることが判明しているのかもしれない。

[MACお宝鑑定団]

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    どうでもいいがでかくなりすぎ。その癖に8インチ9インチまともなのがない。

    4
  • 匿名さん 通報

    とりあえず、DSDSに対応してくれるだけでいい。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!