100+

【追記あり】「下町ボブスレー」案件に見る日本の技術力の衰退と手段の目的化という本末転倒、質の悪さを棚に上げジャマイカに損害賠償請求も

2018年2月8日 14時45分 (2018年2月15日 17時28分 更新)

平昌五輪を目の前に、日本に垂れ込める暗雲が具現化した形になっています。

明日に開会式を控えた平昌五輪を目前にして、東京都大田区の町工場有志が開発した「下町ボブスレー」がジャマイカの五輪チームから不採用を通告されたニュースが大きく報じられています。
一方的に契約を破棄された事からジャマイカ側を非難するような声も聞かれるのですが、事情はもっと深刻で、純然たる日本のものづくりの技術力の衰退を示すものでした。
◆不採用への経緯
まず今回の状況の流れを大まかに見ると、「下町ボブスレー」のプロジェクト推進委員会は2016年7月にジャマイカボブスレー・スケルトン連盟と「推進委はそり3台を無償提供し、連盟は平昌五輪で下町ボブスレーを使う」という内容で契約。
ですが2017年12月に開催されたドイツでのワールドカップで、輸送機関のストライキによって「下町ボブスレー」が現地に届かず、ジャマイカチームは急遽ラトビア製のそりで出場したところ、「驚異的にタイムが伸び」て7位を獲得。その後もラトビア製に乗り続けることで五輪への出場を決めました。
テレビ番組ではドイツでの滑走テストで「下町ボブスレー」がラトビア製に比べて2秒遅かった事が明かされています。
当然ながらジャマイカ連盟は「下町ボブスレー」側に対して「ラトビア製と比べて遅い」などと批判して改良要求も出され、推進委も技術スタッフを欧州や平昌に派遣するなどして対応したものの、五輪では使用しない意向を示してきました。

コメント 100+

  • 匿名さん 通報

    下町ボブスレーの教材に、わざわざ安倍首相の写真を載せるなど、「安倍晋三記念」のにおいがプンプン。

    110
  • 匿名さん 通報

    損害賠償請求にまで話が及んでいる下町ボブスレー。性能は劣り、検査にすら合格できないという散々な有様だと言う。

    107
  • 匿名さん 通報

    かつて安倍総理は施政方針演説で下町ボブスレーを取り上げ「今こそ世界一を目指していこうではありませんか!!」と気炎を上げていた。失敗が明らかになった現在、虚しさだけが残る。。 恥の上塗り

    97
  • 匿名さん 通報

    小学校の道徳教科書が、そろそろ採択の時期。 検定合格した8社のうち、「これは採択させたらヤバイ」とネットでも話題なのが「教育出版」のもの。

    85
  • 匿名さん 通報

    教育出版 小5道徳教科書 ←日本の最高権力者、バカ丸出し!安倍晋三記念小学校全国版?

    83
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!