3

Google、GmailにAMP導入でメールをよりインタラクティブに

2018年2月14日 08時04分 (2018年2月15日 07時50分 更新)

メール内でイベント参加を申し込める

[拡大写真]

 米Googleは2月13日(現地時間)、「Accelerated Mobile Pages(AMP)」の技術をGmailに導入する「AMP for Email」を発表した。「Gmail Developer Preview」としてGitHubで公開した。

 AMPを採用したメールでは、例えばイベントへの招待メールにメール内で参加を申し込んだり、アンケートに答えたりできる。

 AMPは同社が2015年に立ち上げた、モバイルWeb高速化を目的としたオープンソースイニシアチブ。当初はパブリッシャー向けに、Webコンテンツの表示を速くすることを目的にしていたが、機能の拡張を重ねて今や「リッチなWebページを構築するための最善の方法の1つになった」とGoogle。

 Pinterest、Booking.com、スケジュール調整サービスのDoodleなどが、既にAMP for Emailを採用したメールを配信しているという。例えばPinterestはメールでユーザーにお勧めのピンを紹介し、ユーザーはメール内で自分のPinterestのアカウントに気に入ったコンテンツをピンできる。

 Googleによると、メールは自動的にアップデートされるので、ユーザーがメールを開くといつでも最新情報を確認できるという。例えばフライト情報のメールなどで便利そうだ。

コメント 3

  • 匿名さん 通報

    簡素で軽いのも作ってね。余計な機能一切いらない。ガラケーのように着信して時系列で表示してくれればそれでいい。ほかの機能はアドオンね。

    3
  • 匿名さん 通報

    ようするに情報を紐付けしてGoogleが監視しやすいようにしただけやろ

    2
  • 匿名さん 通報

    マイクロソフトもそうだけど、必要な機能を削って余計な機能を追加する。Skypeなんて最新バージョン最悪。アメリカ人って・・・

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!