5

「第4の携帯キャリア」へ参入する楽天は“3強”の牙城を崩せるのか?

2018年2月15日 06時00分

携帯電話の市場シェア(2017年6月末時点)

[拡大写真]

NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの3社寡占が続く携帯キャリア事業に、楽天が風穴をあけそうだ。通信料金、端末、使い勝手など、どんな違いを打ち出せるのか!? 今後の展開を予想する!

■楽天グループの次の成長エンジンに

インターネット通販国内大手の楽天が、携帯電話事業への参入を表明した。総務省から認可が下りれば、2007年のイー・モバイル(現・ソフトバンク)以来、13年ぶりとなる「第4の携帯キャリア」が誕生することになり、来年中にもサービスが開始される予定だ。

だが同社はすでに、14年からグループ内でMVNO(=仮想移動体通信事業者、いわゆる格安スマホ)の「楽天モバイル」を展開している。事業は好調で、昨年11月には競合のフリーテルを買収し、格安スマホ業界で3位にのし上がったばかり。なぜここへきて、携帯キャリア事業に乗り出そうというのだろう。

携帯電話ライターの佐野正弘氏が言う。

「楽天は本業のネット通販事業において近年、王者アマゾンに大きく引き離され、下からはヤフーに突き上げられと、頭打ちになっています。FCバルセロナのスポンサーになったりして、懸命に存在感をアピールしていますが、絶対王者であるアマゾンの多種多様なサービスには、とうてい太刀打ちできません。そんななかにあって楽天モバイルは、順調に契約者数が伸びている数少ない好調部門。三木谷浩史会長はそこに目をつけたのでしょう。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 5

  • 匿名さん 通報

    携帯3社+YモバイルのイライラするクソCMを見なくていいように、楽天頑張って!

    5
  • 匿名さん 通報

    PHSとガラケーを取り込んで欲しいがデータ通信で儲けるビジネスモデルだから通話しか利用しないユーザーはゴミなんだろう。ワイモバイルになった時のガラケー、ピッチ回収猫CMはマジでむかついた。

    3
  • 匿名さん 通報

    コメントにあるようにまず今ある携帯系の糞CFの改革から取り組んでいただきたい。ローラ使ったのはなしの方向で、、、。華はなくていいからおとなしいのでお願いいたします。

    2
  • 匿名さん 通報

    そう、あのクソTVCMが嫌。だから俺はmineo。

    1
  • 匿名さん 通報

    コマーシャルにいくら使っているんだろう?

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!