0

日本初のノート用Ryzen搭載ノートPCがレノボより。「速く軽く手頃」を体現する9万円以下で13.3型、1.14kg

2018年2月21日 06時00分
レノボ・ジャパンが13.3インチフルHD画面で約1.14kgのモバイルノートPC『ideapad 720S』の新モデルを発表しました。特徴はCPUとGPU部に、日本で発売されるノートPCとしては初となるAMDの『Ryzen Processor with Radeon Vega Graphics』(通称Ryzen Mobile)を搭載する点。
同社直販限定モデルで、受注開始は2月23日から。価格は8万8320円から13万515円(税別)です。

Ryzen Mobileは、とくにグラフィックス(GPU部)において、対抗するインテル製CPUに比べて高速なことから、PCのヘビーユーザーから大きな注目を浴びているAPU(GPU搭載CPUのAMD呼称)。本機はこれを日本で人気の高い13.3インチの軽量ノートPCに搭載した注目機です。

さて、本機が気になる方であれば大きな注目点であろうRyzen Mobileの性能に関してですが、AMDの公式発表では、CPU部は本機下位モデルに搭載される『Ryzen 5 2500U』でもインテルの高級クラスCPU『Core i7-8550U』に対抗でき、上位の『Ryzen 7 2700U』であれば1.3倍前後高速というもの。

GPU部はさらに性能が高く、本機の上位モデルに搭載される『Ryzen 7 2700U』ならば、代表的ベンチマーク『3Dmark』のTime SpyテストではCore i7-8550Uに対して約2.6倍のスコアを記録。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「日本初のノート用Ryzen搭載ノートPCがレノボより。「速く軽く手頃」を体現する9万円以下で13.3型、1.14kg」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!