1

さらば「迷惑Wi-Fi」──KDDIやクアルコム、Wi-Fi新認証ベースの実地試験に世界初成功

2018年2月22日 19時20分
街中で勝手に繋がり、ろくに通信もできない。そんな「迷惑Wi-Fi」が近く解消されるかもしれません。

KDDIは、クアルコムテクノロジーズ・シャープと共同で、国際標準技術である公衆無線LAN向けの新認証プログラム「Wi-Fi CERTIFIED Vantage」に基づく品質改善技術のフィールドトライアルを東京・渋谷区の「au Wi-Fi SPOT」の一部エリアで実施。その効果の実証に世界で初めて成功したと発表しました。

この実証実験では「Wi-Fi CERTIFIED Vantage」にもとづき、下記3つの品質改善技術をテスト。

・混雑時の通信効率を改善する技術
・電波が不安定な状況において接続しない技術
・公衆無線LANへの接続時間を短縮する技術

その結果、約30%の通信効率改善と、最大10倍の接続速度向上効果を実証したといいます。

KDDIによると『訪日客の増加や災害時のWi-FI無料開放などで、公衆無線LANが混雑するシーンが増えている」とのこと。今後は同フィールドテストの結果をもとに「au WI-FI SPOT」への「Wi-Fi CERTIFIED Vantage」の商用導入を検討するとしています。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「さらば「迷惑Wi-Fi」──KDDIやクアルコム、Wi-Fi新認証ベースの実地試験に世界初成功」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    成田空港を利用する人は分かると思うが京成上野駅の迷惑Wi-Fiはいきなり「見るだけでむかつくパンダの絵柄」が表れ、それまでの作業も無理矢理中断させられる。なんとかしてほしいものだ。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!