0

噂のFace ID搭載iPad Proは6月のWWDCで公開か。10.5と12.9型両方登場の可能性も

2018年3月9日 08時00分 (2018年3月11日 21時06分 更新)
昨今ウワサがアツくなっているFace IDを搭載したiPad Proですが、2018年第2四半期にリリースされる可能性が高いとの噂が報じられています。速ければ、2018年6月に開催予定のWWDCにて公開されるかもしれないとのこと。

この予測は、米ローゼンブラット証券のアナリストJun Zhang氏によるもの。新型iPad Proは薄型ベゼルでホームボタンは撤廃され、10.5インチと12.9インチの両方が登場する可能性があるとされています。Face ID搭載iPad Proが登場するとのうわさは、2017年10月にKGI証券アナリストMing-chi Kuo氏が投資家向けに語った談話を皮切りに、様々な方面から予想が相次いでいます。

例えば米Bloombergは、アップルが「iPhone Xの主要な機能を組み込み、再設計されたハイエンドのiPad」開発に取り組んでると報道。またiOS 11.3ベータ版の中に新型iPadの手がかりが見つかったとの報告もありました。

新型iPad Proは、部品調達やコスト、技術的制約のために、OLEDディスプレイではなく従来通り液晶のままとなる可能性が高いとのこと。

またFace IDを搭載するということは、現状ではiPhone Xよりも精度を下げることはアップルの方針から考えにくく、iPhone Xで導入されたTrueDepthセンサーの搭載する可能性が大。

となると次に気になるのがデザイン、さらに言えば画面上部のノッチですが、Phone XのようにTrueDepthセンサー収納のためにノッチ(切り欠き)があるのか、はたまたiPadでは四辺を均一な薄型ベゼルにしても十分なスペースがあるためにノッチの必要がないのか(そういったデザインとするのか)に関しては、時期尚早のためかウワサレベルでも不明です。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!