0

「ヘアードライヤー ナノケア」の元祖1号機は何年に発売?

2018年3月14日 16時10分 (2018年3月16日 11時24分 更新)
 <Product Story> 家電量販店の理美容コーナーで新社会人の女性向けアイテムとして人気のパナソニックの「ヘアードライヤー ナノケア」。その歴史を紐解くと、戦時中の1937年(昭和12年)までさかのぼる。当時の松下電器が「ナショナル」のブランドで国内初となる「ホームドライヤー」1号機を発売した。

 重厚な箱のなかには、持ち手と風の吹き出し口が分かる製品が収められている。吹き出し口はヒーター(電熱器)が搭載してあり、「温風」「涼風」「ストップ」の3段階のモード切替ができるようになっている。パナソニックの彦根工場の50年史(2012年)に収められている資料には、1号機の新製品チラシのような資料が残されている。
 製品を説明する文章には「洗髪後の毛髪乾燥器こそ淑女紳士方に不可欠のものと信じます」とある。当時から、髪を洗った後の処理は男女問わず生活する上での悩みの一つで、それを解決する製品が登場したというわけだ。重さは当時としては小型の750g。「他社製品は1000-1200g」と、業務用製品だろうか競合との重さを比較して軽さを強調している。
 また、「電気消費量は僅か、涼風時20W、温風時300Wでありまして他社製品の約六割程度しか消費せず」とある。競合比較によるかなりアグレッシブな訴求内容もさることながら、当時から省エネを意識して開発していたことにも驚く。最新モデルで昨年発売された「ヘアードライヤー ナノケア EH-NA99」は、1号機「ホームドライヤー」の誕生から数えて、80年を経た製品となる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!